老化防止に効果的な

水素点滴を試してみる

水素点滴を打つことによる沢山のメリット

水素水の飽和濃度について

飽和濃度とは、それ以上溶液の中に溶質を梳かす事が出来ない状態の事を言います。
水素水の場合は水素が水の中にギリギリまで溶けおり、
これ以上は溶ける事ができない状態の事を言います。

この場合は通常水に飽和するのは約1.6ppmとなっています。
しかし飽和濃度自体は、そのおかれている気圧や気温によっても
変動する仕組みとなっています。

とはいっても、基本的に通常の状態では1.6ppm以上溶ける事は出来ません。
その為、アンチエイジングの目的で水素水を利用する場合も、
これ位の濃度の物を利用する事になっているかと言うと、実はそうではないのです。

水素の濃度

実は、水に圧力をかけてガスを押し込んで溶かすと、それ以上の濃度で溶かす事が出来るからです。

ただ圧力容器を利用して保存しないと、徐々に溶けたものは出ていってしまう為
いつまでも高濃度のままで保存できると言う訳ではありません。

さらに、現在水素水はただ単に飲んだりするものではなく、点滴として利用する事も可能です。

それを水素点滴と言い、アンチエイジング等の目的で利用されています。
水素点滴の目的は、水素を効率的に投与する事で、体内の活性酸素を除去する事です。

水素点滴は出来る限り水素を溶かした状態、つまり飽和濃度まで溶かした状態にして点滴しています。

だからより高濃度の効果を期待できる方法として現在注目を集めています。
水として飲む場合、その保存容器や保存している状態によっては
どうしても水素が抜けてしまい、実際には飽和濃度よりも低い濃度と
なってしまっている場合も珍しくありません。

医療

その為、飲んでも思っている以上に水素が体内に取り込めていないと言う可能性もあります。

その点水素点滴は出来るだけ高い濃度にした状態にしているだけでなく、
水素自体をダイレクトに体の中に取りいれる事が出来ます。

その為、患部にその効果がダイレクトに作用する事も期待できるとして、
現在ではアンチエイジングだけでなく医療の分野でも注目を集めています。

 次のページへ

このページのTOPへ
水素点滴
(c) 効果的なアンチエイジング